「バカにつける薬はない」けど、飲む薬だったらあるかも!・・・な ぢゃぱに〜ずonly!


Hobbyist をれ’sギャラリー リンク ダイジェスト 自己紹介

BugさんのKaban
-- 独 立 独 歩 --
最終更新:2009.7.11



■2010年06月18日(金)  システム移行
このページにどのくらい飛んで来るかは知りませんが、
現システムでのページを閉鎖します。

移行先

BUGさんのKaban Extra
http://blog.bugsbag.net/

しばらくしたら、このアドレスは新ページへの入り口になる予定です。

■2009年07月11日(土)  と、いうことで
まるまる放置状態ですが(笑

なんか、CGIのバージョンあげていろいろ追加で入れてみたんです。

カテゴリ管理なんかが後から今頃になって追加されたもんで
仕方なく過去のものをカテゴリ分けしてたんですが

なんか、表示されるもの、されないものが出てきちゃって
もうさっぱり訳分からん状態。

なので、このCGIは放置(/_・)/

今となっては優秀なCMSがその辺にごろごろしてますし
いまどきCGIはPHP+データベースでしょってこと。

■2008年07月08日(火)  お約束のように
お約束のように自己紹介ページだけ更新w

■2008年02月25日(月)  祝!?放置ぷれゐ1周年
そんなつもりはなかったんだけどね・・・

■2007年03月22日(木)  買っちゃった(・、・)
070322_194616.jpg 480×640 61K仕事が無茶苦茶しんどいので
半分はストレス発散なのだが
TA05の購入を検討。

TA05Rというシャーシキットが3月20日メーカー発送の予定だったので
それにしようかと思ってたのだが
どうも発売が3月末〜四月頭にずれ込んでいるようで。

会社帰りの8時前という時間の都合上、ほかの店を回る時間もないので
とりあえずその場にあった「Mobil 1 SC」を買ってきた。

この時点ではRCメカは後回し。
あとでステアリング用のサーボだけ買ってくるけど
それ以外はどうするか未定。


ぱらぱらと説明書を眺めてるが・・・
なんかアームを削れとかいろいろ書いてあるな〜
最近のタミヤは部品の選び方も金型のアソビのつけ方も知らんのかね。
なんか解せないのよね、DF03の設計もそうだったけど。
しまいにゃステアリングサーボの取り付け耳を切れと・・・(T_T)
TA05専用かよ・・・

造りはかなり簡単だけどね。

もうしばらく説明書だけ眺めてるかね。

■2007年03月17日(土)  骨董品 on the offroad
つーわけで。
某P先生とともに川崎の奥地まで行ってきました。
1/10のラジコンとプロポ、工具、充電器そのほか諸々担いで。
あいにくDF-03は分解整備中だったので、ダートスラッシャーを投入。

駅から歩くことチュッパチャップス1本分。山の中の竹やぶの奥。
こんなところになぜかオフロード用のラジコンコースが。
しかも、経営してるのがどうみても老夫婦。
この老夫婦は、なんでこんなことをしてるのだろうか・・・。

そんな疑問はさておき。
まわりはどうも2WD主体。翌日はこのコースでレースがあるとかで
おそらくその練習なんでしょうけど。
走らせて見るとこちらもなぜか鈍足。確かにノーマルの540モーターですけど。
おなじようにバッテリーは絶不調。

オフロードコース、ジャンプ台も初めてだが、
飛び方は理屈では分かってたつもり。
しかし、そんなテクニック以前にスピードに乗ってないのでまともに飛べない。
他の車は2連のジャンプ台をひとっとびなのに。しかもきれいな姿勢で。

やはりここでも、ダートスラッシャーは
骨董品である、と認識するしかないのですね。

しまいにゃモーターマウント用プラパーツのネジ穴がバカになってしまいました。
基本的に、再起不能になるぐらいのダメージですわ。

P先生のほうはといえば
「時速100Km/hを目指すぜ!!」と意気込んでブラシレスモーターを導入済み。
そんなマシンをコースに持ち込んで果たして走れるのかと。
案の定、堅い路面に薄く土が浮いてるようなコンディションのコースでは
まともにスロットルもあけられない。
ハンドルなんか切ろうものならスピンしかしない。

・・・・・当然か。

そんなこんなで、二人ともむなしさをたっぷり堪能して(?)帰路につく。

その帰り道、工事中で車の入ってこない道路で走らせる。
歩道との段差に思いっきりぶつかってP先生のマシンは
フロントのサスアームが大破。

なんか、二人して走らせると、
どこかしら壊さずにはいられないって感じですね。





Create by
れでぃ☆ばぐ

Since. 2004. 7. 8./ 1998. 9.21.



私の所有するページにある文章と写真画像のすべての権利は
ladybugが保有します。
いかなる場合も許可なく使用することを禁じます。
同時に、内容についてはいかなる保証もありません。あしからず


mail to: